陶芸教室 アトリエいく陶工房 〒206-0001 東京都多摩市和田12-3 
陶芸教室(東京都多摩市) アトリエいく陶工房

コース内容
基礎コース案内
応用コース案内
ロクロコース案内
研究コース案内
三ヶ月コース案内
陶芸体験コース案内

ギャラリー
アトリエいく陶芸展
作品集
クローズアップメンバー
陶芸イベント
制作風景

ご案内
主宰者紹介
スタッフ紹介
教室案内・地図
お問い合わせフォーム    サイトポリシー
リンク集

コミュニティー
情報蔵
今回の窯
展覧会カレンダー

陶芸 教室 東京都多摩市 作品
  クローズアップメンバー


「クローズアップメンバー」のコーナーでは、生徒さん1名に焦点をあて、最近の作品を中心に、
その制作風景から焼きあがった作品までをマンスリーでご紹介していきます。毎月ランダムに
生徒さんを選んでおります。多士済々の多様な作品が登場します。どうぞお楽しみに!

※画像をクリックすると拡大致します。

※検索窓の横の三角形をクリックして下さい。
  これまでのページをご覧頂けます。
 
メンバー
清川 隆さん
コメント部分
清川 隆さん

■作者より
全て手びねりによる作品です。以前は日常生活で使えるものを求めて作っていたのですが、最近は「どういう形が出来上がると面白いか」がテーマになっていて、オブジェっぽい作品が増えています。






ikuのひとこと

 お待たせしました!
 第2弾は、このところオブジェ系作品路線を快走
 中の清川隆さんです。
 オブジェと一言で言っても、作るとなると、これが
 なかなかに技術がいります。かなりの構想の下
 に作り始めるわけですが、実際に作り始めてみ
 ると、あれ!バランスが...角度が...これからどう
 するか...となったりして、作品が誕生するまでに
 は結構色々あったりします。 ⇒
 

 ⇒ 出来上がってみないと、どうなるのかわか
 らないといった所でしょうか。そして、だんだん
 と不思議な形が立ち上がってくるわけですが、
 その過程は面白さにあふれていて(もちろん悩
 みにも)、作る楽しさはここにあると言えるかと
 思います。
 良い感性と、確かな技術と、粘り強い作業から
 生まれた、最近の清川さんの作品群をご紹介
 いたします。
清川 隆さん作品

 ★ 2007年 陶芸財団展(国立新美術館)
   入選(初出品) <あかり>シリーズ 作品V



<あかり>シリーズ 作品T
<あかり>シリーズ 作品T
 <あかり>シリーズ 作品T
 H25×W25×D25
<あかり>シリーズ 作品U
<あかり>シリーズ 作品U
 <あかり>シリーズ 作品U
 H40×W16×D16
作品詳細


  作品詳細
  ・古信楽(荒目)
  ・ひもつくり
  ・古代呉須による下絵付
  ・透明釉
  ・酸化焼成・1240℃
<あかり>シリーズ 作品V
<あかり>シリーズ 作品V
 <あかり>シリーズ 作品V
 H57×W28×D28
ライン
ライン
練りこみ変壺シリーズ 作品T
練りこみ変壺シリーズ 作品T
 練込み変壺シリーズ 作品T
 H36×W30×D8
練りこみ変壺シリーズ 作品U
練りこみ変壺シリーズ 作品U
 練込み変壺シリーズ 作品U
 H21×W32×D8
空白
作品詳細


  作品詳細
  ・信楽・信楽赤土・黒土のグラデーション
  ・ひもつくり
  ・透明釉
  ・酸化焼成・1240℃
ライン
ライン
オブジェ 作品T
オブジェ 作品T
 オブジェ 作品T
 H34×W20×D20
オブジェ 作品U
オブジェ 作品U
 オブジェ 作品U
 H27×W21×D21
オブジェ 作品U 制作風景
オブジェ 作品U 制作風景
 釉薬の掛け方はさまざまです。
 作品の形、出したい雰囲気、釉薬の性質などに
 より、一番適した方法をとります。
 この場合は、形が複雑なのと、釉薬の微妙なグ
 ラデーションが狙いなので、コンプレッサーを使
 いました。
オブジェ 作品U 制作風景2
オブジェ 作品U
 火色釉によるグラデーションが完成です。
 (上記 作品U)
 コンプレッサーは霧状の細かい粒子のくすり掛
 けも可能です。
作品詳細


  作品詳細 
  ・信楽+シャモット
  ・ひもつくり
  ・古代呉須による下絵付
  ・透明釉/火色釉
  ・酸化焼成・1240℃
オブジェ 作品V
オブジェ 作品V
 オブジェ 作品V
 H37×W27×D25
COPYRIGHT(C)2007-2011 アトリエいく陶工房 ALL RIGHTS RESERVED.