陶芸教室 アトリエいく陶工房 〒206-0001 東京都多摩市和田12-3 
陶芸教室(東京都多摩市) アトリエいく陶工房

コース内容
基礎コース案内
応用コース案内
ロクロコース案内
研究コース案内
三ヶ月コース案内
陶芸体験コース案内

ギャラリー
アトリエいく陶芸展
作品集
クローズアップメンバー
陶芸イベント
制作風景

ご案内
主宰者紹介
スタッフ紹介
教室案内・地図
お問い合わせフォーム    サイトポリシー
リンク集

コミュニティー
情報蔵
今回の窯
展覧会カレンダー

陶芸 教室 東京都多摩市 作品
  主宰者紹介

主宰者Profile
日吉育子 HIYOSHI IKUKO
日吉育子 HIYOSHI IKUKO 東京都多摩市在住

●1982年築窯

●女流陶芸会員

【陶歴】
1982 東京都多摩市和田に築窯
1983 女流陶芸展 入選(〜’86)
1987 女流陶芸展 新人賞、会員となる
1988 八木一夫賞現代陶芸展 入選  
1989 朝日陶芸展 入選
    八木一夫賞現代陶芸展 入選
1990 女流陶芸展 河北賞
    朝日陶芸展 入選
1991 日本陶芸展 入選
1999 日本陶芸展 入選
2001 女性たちの陶芸展出品
    (滋賀県立陶芸の森陶芸館)

【個展】
○京王百貨店ギャラリー1986〜’93、’95、’96、’98
○ギャラリーアメリア 1989、’90、’92、’95
○新宿京王プラザホテル、アートロビー
○女流陶芸新作展(東急本店)1994
○たち吉、その他グループ展多数

【掲載書籍】近刊書籍より

「炎芸術No.59」阿部出版
「炎芸術No.59」阿部出版
「ASIATIC ROSE‘97 T、U」
高さ6.5 径65.0×54.0cm(前)1997年


「ASIATIC ROSE‘98 T、U」
高さ49.0 径74.0×38.0cm(後)1998年

 ※上記の画像をクリックすると拡大致します。

「なぜか、大きな形やうねったような曲線のある不安定な形に、
とても惹かれるんです。」
そう笑いながら話す日吉育子氏は、いつも果敢に陶の造形に
取り組んでいる。
しかし同時に、思う形が成立しない苛立ちには、技術の未熟さを
痛感するばかりだという。
「土という素材は色々な形になっていくのが面白い」が、
作陶の過程は「逆に土そのものが壊れていくよう」だと、
素材の危うさも十分意識している。
しかしそれでも、「壊れないカーブはどのような形か」
「この重さは一体誰が支えるのか」と、自分の思う陶の形が、
地面に自立するのを模索し続けている。
そして、自己本来の資質と陶との係わりを、
いま一つ一つ確認しているように思えるのだ。
「BOTANICAL GARDEN‘98」
「BOTANICAL GARDEN‘98」
高さ18.0 径18.5cm(上)1998年
花:アジサイ、スミレ、ヒイラギナンテン
日吉氏のやきものとの係わりは、大学生の時、友人の
通う陶芸教室へ誘われたことに始まった。
その後、卒業前の就職を控えた時期には窯元に
住み込んで下働きのアルバイトをした。
陶芸を仕事にすることとはどのようなことかと、製陶所などを
見て回ったらしい。しかし窯元の雰囲気は、全員が一つの
目標を追いかけるように見受けられ、息が詰まってしまったという。
「もしやるならマイペースで、ごく普通の場所にしようと思った」。
女性らしさを感じさせる装飾美に加えて、男性顔負けの大きくて
力強いユニークな作品を見ていると、確かにそれは納得できる。
自由で既成の価値観には囚われない、現代性溢れる
自己表現だからだ。
結局卒業後は出版社に勤務し、陶芸からは離れた。
ところが四年目には退職し、再び作陶に係わる日々を
送り始めた。
「BOTANICAL GARDEN‘97」

「BOTANICAL GARDEN‘97」
高さ30.0 径17.0×17.0cm 1997年
これまでの作品は、水面に浮かぶ蓮の花を
イメージさせる、複数の陶が組み合わせされた「ASIATIC ROSE」や、
黒い花器に美しい金彩の円や葉型が流れるように施された
「スニオンの花器」、また焼締められたボディーに、曲線を持つ陶板が
組み合わされた「ワレンスタッド」など作品は複数の形の組み合わせと、
流れるような線の魅力が調和したものが多い。
それらは、作者が過去に行ったことのある場所や関心を
持ったものなど、特にその形や色などを
テーマとして、独自のイメージ世界が構築されている。
素材と表現の相克のなかで、しかし確実に
新たな世界を切り開いていく日吉氏を、今後も注目したいと思った。

「現代日本の陶芸家と作品」小学館
「現代日本の陶芸家と作品」小学館 実験的でありながら
着実な安定性とまとまりをみせる
ふたつの地名をもつ制作物


※画像をクリックすると拡大致します。

ワレンスタッド‘91「収穫」U
高さ77.0×幅34.0×奥行20.0cm(上写真)

知られた女流陶芸家のひとりである日吉育子氏は、学習院大学
フランス文学科に在学中から、やきものの制作にかかわったという。
栃木県益子町のトレーニングで強化された作陶活動は、
以後一貫して紐づくりの手法により、信楽を主とする土に酸化金属を
混入した素材を用いる、抽象的な領域で展開されてきた。
にもかかわらずこの作家の仕事は、実験的でありながら、
つねに堅実なまとまりをみせてきた。
もちろん、それは天成の造形感覚に由来するのだろうが、
その創造活動が現実のなにものかに触発されて
稼動するという、自然発生的な過程をたどるところにも理由の
一端がありそうに思われる
たとえば、ここにみられる二つの作品は、旅行中のスケッチをベースに成りたっている。
「スニオンの花器」

「スニオンの花器」
高さ55.6×幅27.0×奥行8.5cm
スイスの地名をもつ『ワレンスタッド‘91「収穫」U』は、色土を象嵌したうえ、
金属器具で細かな凸凹を施した基部に、別に焼き締めた上部を
接合してできた制作である。
ここでは相称的な柔和な曲線をもつ基部と、非相称的な上部との対応、
および指で造形された上部のふぞろいな線文が、作品に
なじみやすい活力をあたえている。
ギリシャの地名をもつ「スニオンの花器」では、流動的な金彩と、
鉄・マンガン・コバルトなどをブレンドされて光沢をもつ、
はりつけられた抽象文様とが、作家の才知と諧謔を感じさせる。
マット釉によって沈着した母体の色調は、
作家の志向する彫刻的造形に、安定性をあたえて効果的である。

基礎コース案内応用コース案内ロクロコース案内
研究コース案内三ヶ月コース案内陶芸体験コース案内
アトリエいく陶芸展作品集クローズアップメンバー
陶芸イベント制作風景
主宰者紹介スタッフ紹介教室案内・地図お問い合わせフォーム・サイトポリシー

COPYRIGHT(C)2007-2011 アトリエいく陶工房 ALL RIGHTS RESERVED.